ザビエル改めxabier。       ポルトガルを紹介します。          ま、旅記録やね。      気楽にいこう。


by xabier

IndieLisboa2006

第3回リスボン国際映画祭。「IndieLisboa2006」。
主要な出展国は4カ国。これに日本が含まれる。

今日観てきたのは、諏訪敦彦監督のデビュー作「2Duo」。会場ほぼ満席。

始めに諏訪監督が舞台挨拶。

【内容】
よう分からん・・・。
疲れた。TVの深夜帯で放送されたら、確実に眠りに落ちる。体力と集中力の要る映画っていうのも面白いんだけどさ。

【諏訪作品】
帰宅後、諏訪敦彦なる監督をググってみた。けっこう有名らしい。断片的に得た情報としては、男女2人の関係を淡々と描くのが特徴(・・で良いのかな。)そして登場する男が常にワガママで、女性の観客には不評であるという話。
これはどうなんだろう。「2Duo」に関しては、いきなり冒頭から、男が女に向かって「金くれよ!」。これはちょっとビビった。でもあんまりハッキリ言うから、ブラックコメディーなのかな、なんて解釈。2Duoの登場人物は、彼氏(ケイ)が天然系で脆い。彼女(ユー)はシッカリしてるようで、やっぱり危うい。それぞれのキャラが異常にも普通にも見えた。この両面性って日本人の典型なのかな?そうだとしたら、「2Duo」のリアリティーって、ものすごいと思う。
脚本無しで演技は役者任せいう製作スタイルらしい。試み自体は斬新なのかもしれないけど、結果として、「で?」っていう感想しか出てこない。内容に満足できない受け手は多いんじゃないかな。

【監督・質疑応答(上映後】
よく分からなかったので、上映後の質疑応答タイムで率直に聞いてみた。2Duoの主題は何か。メッセージ性無き映画が目的だったのか
監督は、かなり丁寧に回答してくれた。
要約させてもらえば、こんな感じ:映画は、観客との対話の媒体ではない。観客各自が感じるところで、映画は別個に成立する。自分(諏訪監督)は自分のために主観的に撮影しただけ。主題やメッセージといったモノは受け手サイドで作るもの」

この回答って、妙にシックリきた。監督が言わんとする所をたぶん理解できたと思う。行き着くところ映画ってそういう存在なのかもしんないなと。娯楽シネマなんかは別だろうけど。要するになんつうか、歌だって自分勝手に解釈して聞くしねぇ。例えば典型的な失恋ソングをアフリカ問題にオーバーラップして泣けてきたりねー。って、そんなヤツいない?い、いるだろ・・ココに(泣)。
とにかく歌も映画も本質は同じってことなのかな。


こうやって率直に質問してみて、丁寧に説明してもらったら、やっぱり嬉しいもんだよね。ちなみに諏訪監督の言ってることが結構難しかったので、ポルトガル人の通訳はやっぱり理解できない。あまり半端に訳されると監督の言葉が台無しなので、そこはxabierがちょっと通訳代役してみたり。面白い経験だった。帰り際、監督にありがとうと言われて、つい嬉しくなって記念撮影までお願いしました。これも気持ちよく承諾してもらったところで、、
ハイ・チーズ♪
そして、
なんちゃってファン完成♪   諏訪様・・・ハァハァ

明日も観てこよかなー。「H Story」。
あまり疲れない作品だと良いんだけど・・・・(←既にファン失格だったり)

Xabier。
[PR]
# by xabier | 2006-04-26 10:59 | 生活

ジェレス-Gerês-

位置:北部(ブラガから車で東へ約30分)
名産:肉。野ウサギ(coelho)、子ヤギ(cabrito)とか。
特徴:ジェレス国立自然公園。観光地化されてない山脈地帯。

正確には「ジェレス山脈」。Serra de Gerêsで合ってるかな。
「ポルトガルもだいたい見尽くした」と豪語すると、「ココは未だだろ」とポルトガル人に決まって返される場所。仙人に対する挑戦状?おうよ見たるわい。

行ってみました。 ・・・は、半端じゃないっす。

ブラガから、こんな景色を見ながら向かい
b0075825_12161654.jpg


やがてジェレスを流れる河(Rio de Homem)が見える。
b0075825_12173131.jpg


どうやら到着した模様。
b0075825_12201068.jpg


町の一角が、さりげなくプチ・ドブロブニク。
b0075825_11594519.jpg


そして山攻め。岩もカッコイイ。
b0075825_1211598.jpg


山頂をふつうに散歩してる牛。
b0075825_1222297.jpg


やっぱり封鎖ですか・・Com licençaっと。(「失礼します」)
b0075825_1231142.jpg


こんな感じで、山をグルっと。
そうそう。トイレが無いもんだから野ソしちゃいましたけど、大自然よ、見つかる前に綺麗に流しといてくれ(泣)。
ここは山そのものが自然公園。途中で野うさぎもひょっこり登場して大いに感動・・・どころじゃなく、ホテルで早くツーケーを洗いたい心境のオッサンってどうよこれ(鬱)。
途中で、寂れたデッド・タウンにて迷う。(早くツーケーを・・) ふと目が合った老夫婦に道を聞きつつ軽く会話。「時間の流れが違う」っていうけど、そんなレベルじゃなかったなぁ。「道が知りたいの?・・爺さんや代わりに答えておくれ」「うん?なんだよオマエー。そうね、ここ真っ直ぐ行くとダムがあって、近くに市町村もあるんだよ。ここで色々手続きするんだけど、そういやどんな手続きするんだっけ婆さん。そうそう道だっけ。右に曲がってそこから真っ直ぐ行ってもダムが見えるよ。これが中々のダムなんだ。えーとなんだっけ。あ、それから右にずっと進むと住宅地だよ。最近は若い人が減ってね・・、で、何だっけ。そうそう左に曲がって道なりに進むと大きな道路に出てくるから、そこから街に戻って、たぶん表示なんかも出てくるから・・」と長い。いや実はよく分からない。勿論テキトウな訳。だってそもそも老人の話って分かんないよなぁ・・。最後までちゃんと聞く気力が・・。
要するに最後だけ端的に教えっつの(泣)
それでもこのやりとりでkokoro癒されたxabier♪

話は飛ぶけど、知見豊かなご老人を尊重しよう、もっともっと社会に取り込もうって流れがある@Japan。これはちょっと無理があるよねぇ。歳の功っていう一点で老人一緒くたに尊重しようっていう見方は、あまりにもダルイ。論語は年配者を敬えとは教えるけれど、悪平等的に老人全てを敬えとは曰ってない・・はず。つまりモテル爺さんもいりゃ、老人コミュニティーで嫌われてる婆さんだっているだしね。老人なら誰でも尊敬すべきかというと、それはそれで逆差別的な見方になっちゃうんじゃないかな。よく分からないけど、大事なことをシャープに伝えられる老人は、誰からも耳を傾けられるような気がする。
あ、超脱線してる・・。
Vamos voltar a baca fria。(「話戻すっぺ」)

このジェレスという場所は、ポルトガルの夏季保養地といった位置付け。短期・中期滞在用に「住居レンタルします」の表示をたくさん見たので。旅行者用のホテルもちゃんとあって、オフシーズンに行ったせいか1泊料金が半端なく安かった。安リーマンには嬉しい話ですよほんと。それとジェレスからブラガに少し戻った辺りにポウザーダ(Pousada)も。これもオフシーズンのせいか、1泊70~90ユーロ。破格のポウザーダと言えるであらふ。

ポルトガルのバカンスといえば、南部の海が有名。だけじゃなく、北の山っていう選択肢もあるんだね。小さいくせに奥が深いわ、さすがxabierの国。
海も綺麗で自然も豊か、飯もウマイときたもんだ。こんな環境なら、経済が少々ヤバくたって実際気になんないよね(経済は絶望的に悪いという噂も)。すくなくとも経営難で自殺、なんて日本のストレスフルな状況は想像できないだろうなー。
働くことを良しとしない文化。サボタージュと批判するのは簡単だけど、このヨーロッパカフェ文化で説明されるような傾向は、ある種、というか、率直に羨ましい。カフェで2時間ゆっくりできる昼休憩。そんなことが許されるんですかと。コンビニで幕の内買ってきて、PC睨みながら食べなくて良いんですかと。余りにも羨ましいぞと。
グローバル時代にあってルーザー感漂うポルトガルだけど、こういう時代だからこそ、あるがままにあり、しぶとくださく生き残って欲しい。

粘れやポルトガル 

Xabier。
[PR]
# by xabier | 2006-04-10 00:00 | 旅行

バルセロス-Barcelos-

位置:北西部。
名産:雄鶏の置物。
特徴:雄鶏のエピソード、木曜の露天市場。 

鶏の置物は、もはや「ポルトガルの土産」として定着。つまりこの置物は何処でも買えるから、バルセロスでわざわざ購入する必要はない。むしろリスボンのデザインショップで捜す方が良いよね。可愛いデザインも多いしさー。

さてxabier。初めてのバルセロス。
いきなり3体も買っちゃいました♪グヘヘ。(テキトウな上、ミーハーです)
だって1体2ユーロだよ!そりゃ交渉した上の値段だけど、悪くない値段だよね!!ま、要するに質が・・っていう話なんだけど(泣)

毎週木曜日の巨大な露天市(Feira)は見応え十分。
b0075825_14125857.jpg

b0075825_14141899.jpg


鶏の置物はもちろん、服、陶器、金具、寝具、食べ物、なんでもある。特に野菜、果物が充実かな。ところでxabierが向かった日は、思いっきり雨。ついてないね。しかし雨ニモ・メゲズ露天市は強引に開催されてたわけですよ。野菜なんてもう完全に野ざらしのずぶ濡れ。でも家具系は、さすがにテントでしっかり防水されてたね。そりゃそや、木製の家具なんか濡れたらアウトやもんなー。なんて思ってると、さっそくソファがずぶ濡れの光景に遭遇。こういう天然系のオチがいかにもポルトガルらしくて良い。

ところで露天市で売ってる人達。地元民かと思いきや、近郊からの出稼ぎ者が多いそう。野菜や果物も、少し離れた村の農家がココまで売りに来てるそうで。
でも残ったらどうするの?鮮度落ちるし、捨てるの?
聞いてみたら、明日(金曜)は隣町のヴィアナ・ド・カステロで同じように露天市をやるらしい。このパターンを毎週繰り返してるんだから面白いよね。

*ブラガとバルセロスの間に高速道路が完成。これで片道15分で行ける。
 サクっと行ってサクっと帰るべし。

Xabier。
[PR]
# by xabier | 2006-04-08 00:00 | 旅行

ブラガ-Braga-

位置:ポルトガル北西部。ポルトからさらに北。
特徴:師曰く、「リスボンは楽しみ、コインブラは学び、ポルトは働き、ブラガは祈る」

中規模な都市だけど、この町の隠れファンって結構多いよね。
ポルトで知り合ったフランスのガイも、やがてブラガに惚れて住みついたらしい。それを聞いた当時、「ブラガで祈って暮らしてんの?」って聞いたら(偏見)、「町が落ち着いてて、なんだかとっても暮らしやすいんだよねー」とのこと。
それから1年。
そこは単なる「祈りの町」ではなかった。第六感が良い町だと断言する。うまく言えないけど、居心地の良い空気だったね。

町中心部。
b0075825_1384982.jpg


駅前。
b0075825_1393619.jpg


噴水のある駅前から、レプブリカ広場(Praça da República)が広がる。山が遠めに見えて、水と緑があれば、とにかく良いに決まってる。酔っ払いがケンカしてる絵が似合わない町だね、ココは。良い画像が無いのが残念。

祈りの中心はカテドラル(Sé)。
b0075825_13175629.jpg

キリスト昇天を描いた祭壇が見事。

ド派手なマヌエル様式。ややピンボケでも掲載。
b0075825_13192544.jpg


圧巻なのは、郊外のボン・ジェズス(Bom Jesus)。キリスト教の巡礼地。
恐らく巡礼の流れとしては、


底辺のブラガから400mの階段を登って登って・・・
b0075825_13264391.jpg


頂点に教会がドーン。嗚呼マリア様!ここは天上界だあああ!!
b0075825_13283778.jpg


という感じでしょうか。400mの階段の途中に、視覚、聴覚、嗅覚など、色んな感覚の「泉」があります。信仰深い人は、祈りながらこの階段をゆっくり踏みしめていくんだろうね。

xabier?エェ、もちろん車です。
ラクして着いたくせに、泊まるとこは一流。これオレ流。
b0075825_13331496.jpg

"Hotel do Elevador"。エレベーター・ホテルかよ!ファミコンのエレベーターアクション思い出すなぁ。
関係ないけど、元祖ファミコンのソフトといえばドラクエ1。ドラクエ1といえばホイミ。なぜホイミなんだ・・・。鉄拳チンミまで思い出したじゃねか。チンミって何だよ!!
で、このホテルの夜景。まさに100万ユーロの夜景。カステロブランコっていう田舎町でも夜景は綺麗だったなぁー。ジョゼ・カステロブランコというオカマの有名人がいるけど、ここ出身なのかな。いや、きっと関係ない・・。
脱線が多い。。とにかく、ホテル。窓からテラスから、さらにバスタブから、ガッツリ夜景を堪能できました。なお、全室がブラガの町を見下ろす向き。うち5室がテラス付きかな。
b0083440_13522551.jpg


さて。周りに何も無いからホテルのレストランでディナー。
デザートはビュッフェ。
b0075825_13364761.jpg


このレストランも、やっぱり夜景がスゴイ。
でもxabierはこのホテルに泊まるわけで、部屋から同じ夜景が見えるわけよ。アドバンテージに欠ける。ウェイター達も珍しく気取ってるポルトガル人ばっかでしたね。そしてデザート激甘・・。ホテルは良かったんだけどねぇ。とにかくボン・ジェズスで一泊する予定の方は、下のロータリー付近のマックでスルーしとくと良いんじゃないかな。マックを晩飯にするのが苦手じゃない人なら。そして、ポルトガルには照り焼きバーガーが無いのであしからず。

Xabier。
[PR]
# by xabier | 2006-04-08 00:00 | 旅行

セジンブラ-Sesimbra-

位置:リスボンの南
名産:魚介類
特徴:落ち着いた漁村。

穴場感のないリスボン近郊の町だけど、すごく好きなので投稿してみよう。「漁村」ってポルトガルにもたくさんあるけど、この町の歴史はけっこう面白い。
12世紀、イスラム教徒と戦って疲労したセジンブラは、町を建て直すために漁村に特権を与えたらしい。そして、城のある山側は錆びれ、海岸部が発達したという話。

なるほど海岸部は発達してる。でもナザレやセトゥバルと比べると、規模も小さいし落ち着いてるね。山側の方は、過去に天井が落ちたという教会と、石の城壁が目立つくらいで少し淋しい。それでも綺麗な海岸部を一望できるから、登ってみる価値は大あり(徒歩は困難)
b0083440_13352879.jpg



魚、炭火焼き。
b0075825_11334359.jpg


ランチ。
b0075825_1134275.jpg


このレストラン(名前:忘却。位置:海岸沿いの見張り台前)、何がすごいって、狭い路地裏に厚かましくテラス構えてるんだよね。100%地元な人がマイペースに横を通り過ぎたりして、すごい面白かった。地元人に同化した気分になれて気持ちよかったなー。ココ大正解。
海岸沿い(beira-mar)のレストランはどこもウマイと思うけど、安そうなこじんまりした店がお勧めかな。観光客ターゲットの店は、やけに高い気がする。見た目も高級そうなんだけど、味はそんなに変わらないと思う(どこも同じように新鮮な魚を似たような炭で焼くんだから)
そして、知る人ぞ知るワッフル屋。場所は、やっぱり海岸沿いの見張り台前。ココは週末しか開いてません。絹のようなワッフル生地に、チョコレートと生クリームがたっぷり。これはカナリ・キテマス!

城壁からの景色。
b0075825_11395025.jpg


山側のCemitério(共同墓地)。
b0075825_1142527.jpg

城壁に守られて抜群のロケーションで埋まってる方たち。
死後もきっとご満足ですね。アーメン・ヌ

Xabier。
[PR]
# by xabier | 2006-03-02 00:00 | 旅行
位置:セジンブラから西。アラビダ半島西端。
特徴:この世の果て。

ポルトガルの岬といえば、ロカ岬(ユーラシア大陸の西端)。でも観光地化されてるから「この世の果て」感に乏しいんだよね。もちろん世界的に有名な場所だし、証明書も発行されるから良い記念にはなると思うんだけど。
エスピシェル岬はスゴイよ。なんせド迫力。いかんせん場所もマニア。
アラビダ半島をひらすら西に西に進むと、ようやく一角が見えてくる。完全な陸地の果てに、教会(Nossa Senhora do Cabo)がポツンと立つ。その前の敷地を廃墟と化した修道女施設がグルっと囲む。これを通り抜けると断崖絶壁がドーーーン。

全体像。
b0083440_14174992.jpg


現場。柵がないので滑るとチーン。
b0083440_14192086.jpg


日没。
b0083440_14203164.jpg


日没後、帰路。
b0083440_1431189.jpg


日没後の教会前広場。
b0083440_1413542.jpg


日没の景色を堪能した地元人が帰宅すると、そこは完全な静寂と圧倒的な孤独に包まれる。
・・・怖いっつの。
まさに「この世の果て」。
xabierは「世界の果て」のヒロイン、ケリー・チャンが好きでした。

Xabier。
[PR]
# by xabier | 2006-03-01 00:00 | 旅行

セトゥバル-Setúbal-

位置:リスボンから少し南。Costa Azul(青い海)の一角。
名産:Chocos Fritos(イカフライ)。
特徴:崖の上の城跡(現在ポウザーダ)

サンフィリペ城。
b0083440_10563561.jpg

城から見下ろすサド川&トロイア半島。

町中。
b0083440_1114562.jpg


町中も可愛いんだけど、Rio Sado(サド川)沿いがやっぱりメインだろうね。魚市場や日本料理屋なんかもあるしさ。ちなみにこの日本料理屋。外壁に日本の国旗をドドーンとイラスト!!Viva Japão!!ちょっと悪趣●かもしんないけどね・・。とにかくここでセトゥバルの新鮮なネタを使った寿司も良い。でもせっかくセトゥバルだし、やっぱり炭焼きの魚を食べたいところ。xabierが好きな魚は「Dourada」(鯛類)。コレ日本人向きだよね。骨が少ないし、蒸した食感で口当たりがまろやかというか優しいというか、とにかく良いのよ。Costa Azul沿いのレストランが炭で焼いた魚って、まじウマイよ。昔仲良くしてた日本人の留学生諸君も連れてきてあげたらよかった。車じゃないと案外寄りにくい所だしね。ちなみに値段は大体10ユーロ前後。貧乏リーマンのxabierには贅沢プライスだけど・・質と味を考えたらボチボチ手頃かな。

食べたレストランは、"Tasca da Fatinha”(Rua da Saude, 58)。
魚市場のお勧め。市場連中の言うところ、要するに「安くてウマイ」。これだけの説明に5分だもんなぁ・・。クドイよね。でもxabierくらい宣教師になると、この遅すぎる時の流れすら、愛しいTime。外国人、特に日本人ってポルトガルでイライラしやすいよね。悲しいかな、つまりまだまだ青いということです。ソナタのモンゴリアン蒙古班が透けて見えるぞ。修行を積むのじゃ子羊よ。帰国したら、した時に再び日本に順応すれば良いのです。

ちなみにランチを狙って16時過ぎに到着したらやっぱり門前払い。15時過ぎたらどこも店閉めモードだからねー。無情なまでの己の休憩時間重視には、本当に見習うべきものがあるよ(苦)。
でもさー、この時すっごい腹減ってたんだよね。門前払いされたって、もうゴネ癖ついたしね。ココでは結構粘った。すると、"Nem pensar"(16時からランチとは論外じゃ)と突っぱねた店先のオヤジも、「んじゃオーナーに交渉してみる!」なんて店内に向かっていったから意外だす。オヤジ、オレほんと嬉しかったよ・・(泣)。
ま、あっけなく「ダメでしたぁん♪」って戻ってきましたけどね。まぁそれも予想の範囲だ!むしろ努力を買おう!夕食時に戻ってくることを誓います。
さて20時過ぎに戻る。オヤジがやっぱり店先で魚焼いてました。
お互い目が合うと、おかえりぃぃん♪アァァンただいまぁぁん♪ってなもんで、後の店員の接客も素晴らしく良かったですね。
海風の届くテラスで美味しく頂きました。
最後に、名産イカフライ。
b0075825_1057920.jpg


嫁、いと御満悦。

Xabier。
[PR]
# by xabier | 2006-02-02 00:00 | 旅行

パウメラ-Palmela-

位置:リスボンから南方、Costa Azul(青の川岸)の一角。
名産:パウメラワイン(Vinhos de Palmela)
特徴:葡萄畑に囲まれた丘の上の町。

丘の上のパウメラ城からは、ものすごい見晴らし。そこから見える色は、空海の青、屋根の赤、木々の緑など、じつに豊か。

全体像(Turismoパンフ表紙)。
b0083440_14503343.jpg


上から見るとこんな感じ。高台にあるのが伝わるかな
b0083440_14484546.jpg


Turismo(観光案内所)もセンス良かとです。
b0083440_1519887.jpg


そしてポウザーダでランチ。
b0083440_1454375.jpg

b0083440_14572786.jpg

ビュッフェ形式で19ユーロだったかな。ウマ・すぎ。そして城の中でいただく高級感。20ユーロ切ってるから破格だよね。

Armazem de Vinhos(ワイン貯蔵庫)
b0083440_151211.jpg

美味そうだったので購入。でも自分ゲコでした(泣) 味はクセがあるらしい。

土産屋も可愛い
b0083440_15114596.jpg


パウメラ、かなり好きです。

Xabier。
[PR]
# by xabier | 2006-02-01 00:00 | 旅行
位置:セトゥバルの南。セトゥバル港からフェリーで約10分。
特徴:細長い白浜。松の木。エメラルドグリーンの海。

セトゥバルから臨むトロイア半島
b0075825_1014443.jpg


フェリーに車搭乗(1台約5ユーロ)
b0075825_10152197.jpg


トロイア半島到着(於:Costa da Galé)
b0075825_10155498.jpg


トロイア半島のビーチは、砂浜がすっと細長く伸びてます。だから、例えば一画を陣取っちゃうと、そこはもう完全にマイ・プライベートビーチ♪これは良いっすね。寝転んでても、その辺の思春期ボーイがサッカーボールなんか飛ばしてこないしね。
隣のユア・プライベートビーチでは、ヨーロッパの老夫婦旅行者がゴロンと寝てたりして。波静かで気持ちもゆっくりできるので、ここでは「何もしない贅沢」を満喫するのが吉でしょう。

トロイア半島のビーチで静かな波の流れを見ていると、F・ペソアの「Mar português(ポルトガルの海)」とはかなり違うイメージだなぁって思う。
「そこ川でしょ。」←とっさに思った貴方は、かなりのポルトガル通ですね?しかし宣教師xabierに突っ込むとは・・哀れな子羊よ。説明しよう。
南北に伸びるトロイア半島。
    東側:サド川(Rio Sado)
    西側:大西洋(Oceano Atlântico) *Costa da Galéは西側です。
つまり海じゃボェェエー♪

Xabier。
[PR]
# by xabier | 2006-01-02 00:00 | 旅行
位置:セトゥバルからやや南。Costa Azulの一角。
名産:塩、松の実(pinhão)を使った菓子類。
特徴:サド川を中心に広がる町。

町の名前は、「塩の要塞」?とにかく、サド川沿いは塩がとれるらしい

Turismoのパンフ。
b0083440_1221780.jpg


サド川。
b0083440_1019215.jpg


城壁からの風景。
b0083440_1020145.jpg


最後にお菓子。
b0083440_10205995.jpg

もう思い出しただけで胸ヤケ。。。
お菓子が有名なので、turismoお勧めのカフェで全部買って試してみる。すると、「激甘(無理)」&「なんとかいける・・(困難)」の、ほぼ全滅状態(泣)。
松の実の菓子が一番有名で、一番甘かった・・・。あれは不可能です。
食べ物で満足できないと、どうしても印象がnegativaになるよねぇ。
よって書くことも少なめです。

Xabier。
[PR]
# by xabier | 2006-01-01 00:00 | 旅行