ザビエル改めxabier。       ポルトガルを紹介します。          ま、旅記録やね。      気楽にいこう。


by xabier

IndieLisboa2006

第3回リスボン国際映画祭。「IndieLisboa2006」。
主要な出展国は4カ国。これに日本が含まれる。

今日観てきたのは、諏訪敦彦監督のデビュー作「2Duo」。会場ほぼ満席。

始めに諏訪監督が舞台挨拶。

【内容】
よう分からん・・・。
疲れた。TVの深夜帯で放送されたら、確実に眠りに落ちる。体力と集中力の要る映画っていうのも面白いんだけどさ。

【諏訪作品】
帰宅後、諏訪敦彦なる監督をググってみた。けっこう有名らしい。断片的に得た情報としては、男女2人の関係を淡々と描くのが特徴(・・で良いのかな。)そして登場する男が常にワガママで、女性の観客には不評であるという話。
これはどうなんだろう。「2Duo」に関しては、いきなり冒頭から、男が女に向かって「金くれよ!」。これはちょっとビビった。でもあんまりハッキリ言うから、ブラックコメディーなのかな、なんて解釈。2Duoの登場人物は、彼氏(ケイ)が天然系で脆い。彼女(ユー)はシッカリしてるようで、やっぱり危うい。それぞれのキャラが異常にも普通にも見えた。この両面性って日本人の典型なのかな?そうだとしたら、「2Duo」のリアリティーって、ものすごいと思う。
脚本無しで演技は役者任せいう製作スタイルらしい。試み自体は斬新なのかもしれないけど、結果として、「で?」っていう感想しか出てこない。内容に満足できない受け手は多いんじゃないかな。

【監督・質疑応答(上映後】
よく分からなかったので、上映後の質疑応答タイムで率直に聞いてみた。2Duoの主題は何か。メッセージ性無き映画が目的だったのか
監督は、かなり丁寧に回答してくれた。
要約させてもらえば、こんな感じ:映画は、観客との対話の媒体ではない。観客各自が感じるところで、映画は別個に成立する。自分(諏訪監督)は自分のために主観的に撮影しただけ。主題やメッセージといったモノは受け手サイドで作るもの」

この回答って、妙にシックリきた。監督が言わんとする所をたぶん理解できたと思う。行き着くところ映画ってそういう存在なのかもしんないなと。娯楽シネマなんかは別だろうけど。要するになんつうか、歌だって自分勝手に解釈して聞くしねぇ。例えば典型的な失恋ソングをアフリカ問題にオーバーラップして泣けてきたりねー。って、そんなヤツいない?い、いるだろ・・ココに(泣)。
とにかく歌も映画も本質は同じってことなのかな。


こうやって率直に質問してみて、丁寧に説明してもらったら、やっぱり嬉しいもんだよね。ちなみに諏訪監督の言ってることが結構難しかったので、ポルトガル人の通訳はやっぱり理解できない。あまり半端に訳されると監督の言葉が台無しなので、そこはxabierがちょっと通訳代役してみたり。面白い経験だった。帰り際、監督にありがとうと言われて、つい嬉しくなって記念撮影までお願いしました。これも気持ちよく承諾してもらったところで、、
ハイ・チーズ♪
そして、
なんちゃってファン完成♪   諏訪様・・・ハァハァ

明日も観てこよかなー。「H Story」。
あまり疲れない作品だと良いんだけど・・・・(←既にファン失格だったり)

Xabier。
[PR]
by xabier | 2006-04-26 10:59 | 生活