ザビエル改めxabier。       ポルトガルを紹介します。          ま、旅記録やね。      気楽にいこう。


by xabier

<   2005年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アルガルヴェ-Algarve-

場所:南部
特徴:リゾート地
名産:海鮮類、アーモンドの花

ポルトガルって国の海鮮類はどこも美味しい。中でもアルガルヴェ地方は、8月に"Festa de Marisco"という「海鮮祭」を開催しているように、とりわけ美味い。もちろん夏じゃなくても。
州都ファロ市のお勧めレストランは2件。
1件は、中心部(Centro)で目立つEvaホテルの近く。中心部とは反対側に、フェリーポートをぐるっと回ると、数件レストランが並ぶ。一番奥のテラスのある店がベストかなぁ。

b0083440_10241799.jpg


このレストランは、イカとニンニクを合わせた突き出しがむちゃくちゃ美味しい。ちなみに、カタプラーナなんかをメニュー通り注文すると一品30ユーロと高い。量も3,4人分あって無駄に多いから交渉の余地ありだよね。かつてxabierが「半分にしてくれ」と頼んだところ、「鍋モノは量の調整が出来ないよ」と最もな理由で断られました。でもしつこくゴネたらOKしてくれますから!ポルトガルは何だってこんな感じ。まぁこの国に限らないか。交渉って最初は断られるもんだよね。さらに余談だけど、ゴネて交渉してると友情も生まれたり(笑)。食後に、店員が滅法強いリコールをご馳走してくれました。ゲコなんだけど・・(涙) でもこういう酒は断れないよ。えぇい!と飲み干し、さっそくほろ酔い。ウィィ~美味かったぜアミーゴ!オッブリガード!!

あと一件は、カピタォン・モル(Capitão Mor)。中心部のマクドナルドからポートと間逆に上っていくと、細い路地の先に見えてきます。暑いアルガルヴェの夜をテラス(レストランのスペースというより、完全に路地)で食べると気持ち良いですね。日替わり定食(Prato do dia)もドリンク&突き出し付きで8ユーロだったかな。ずいぶんお得です。xabierはかなり昔にファロ大学のサマースクールに通ってたんだけど、いつもつるんでたドイツ男とフランス女2人と殆ど毎夜通ってました。アルガルヴェ特有のアーモンド酒もメニューにあるのでオススメ。かなり強いけど、甘くて口当たりは最高。ゲコなxabierもすっかり愛飲。なお町中のお酒専門店でも買えますよ。

アーモンドの真っ白な花。
b0083440_10434834.jpg

どことなく桜に似てるね。1ー3月の間、郊外はアーモンドの花で一面です。

アルガルヴェの海。
b0083440_10463348.jpg

これはファロの隣、アウヴフェイラのビーチ。
アルガルヴェ地方のビーチって無数にあるけど、どこもヨーロッパからの観光客が多い。アウヴフェイラとラゴスは特に観光地化されてる。だからポルトガル仙人としては、オススメビーチを挙げておかねばならんわけですが、オススメは3つ。1つはタヴィラからボートで渡った小島(自然そのまんまで観光者も少ない)。2つ目はファロの船場から小型フェリーで渡る"Ilha do Farol"。最後に、西端のラゴスの断崖絶壁の間の小さなビーチ。どれもイマジネーションを超えるレベルです。画像が全部消えちゃってUP出来ません。どうかご容赦を。
あとファロから他の町までの電車移動は快適ですよ。線も多く、格安プライス。

うーんあと何書こう。。。車の修理工場のオススメとか(笑) かつてファロ観光中にマフラーが吹っ飛んでえらいことになりまして・・。かなり焦ったけど、不幸中の幸い、良い工場(oficina)に出会いました。いちおう同じ経験をする人もいるかもしれないし・・UPしとこうじゃないか!
b0083440_10561261.jpg

"Auto Campina"。ファロ郊外。場所は現地で聞いて下さいね(涙)地元では有名みたいですから。即日修理、素早い対応、良心プライス。接客も良かったですよ♪修理を終えて、「すぐ直してくれて本当ありがとう!リスボンに同じ系列の工場はないの?旅行終えてリスボンに戻ったらキチンと直したい箇所があるんだけど。」と言うと、「残念だけどファロにしか無いんだ。でもまたいつでも戻っておいでよ。そのときココで修理しても良いじゃん?」との返事。そして世話になったスタッフ一同が笑顔でお見送り。あぁ癒されるー!!オレの心まで洗車するつもりですか?余計なことを・・・・・・_| ̄|○|||

ファルガルヴェ地方といっても色々あるので、次回シリーズで追加しよう。今回はここ〆。

Xabier。
[PR]
by xabier | 2005-08-01 00:00 | 旅行